アシストブログ

Assist Blog

保険とお金・・・相続対策(活用事例)

2015年8月8日
鶴 数元 ファイナンシャルプランナー

事例)

現在、お店を長男に手伝ってもらい経営しておりますが、この先何かあれば長年お店を少ない給与で文句も言わず手伝ってくれた長男にお店の経営を任せたいと考えております。借金はありませんがこれといった現金資産もなく、あるのは店舗兼自宅(資産価値を3000万円)のみです。妻には数年前先立たれていますので、相続人はお店を継がせたい長男(既婚者)とサラリーマンをしている次男(既婚者)の二人です。私にもしものことがあっても兄弟仲よく家を守って欲しいのですが、財産をもらわなかった弟が、不服に思い、兄弟不仲になるのではと心配しております。このような場合、事前になにか準備しておくことができるでしょうか?

 

対策)まずは長男に継がせることを遺言書に残しておく。

   ただし、次男から遺留分を請求された場合、店を継いだ兄は法定相続分の

750万(3000万×2分の1(法定相続分)×2分の1(遺留分))を

弟に渡さなければなりませんが、現金がなければ問題に・・・

 

   遺留分・・・被相続人は遺言により、自己の財産を自由に処分できるのが原則

ですが、各相続人に最低限相続する権利を認めましょうというのが遺留分

という制度です。

従って、被相続人が1人の相続人に全財産を相続させるという遺言を残したと

しても、他の相続人は遺留分については、自分に払えということができます。

 

上記の解決策)

 父が店を継ぐ兄を受取人とした生命保険に加入し、そこから弟に現金を渡せるように

しておきましょう!!このような、遺産の分割を代償分割といいます。

 

”飯塚 筑豊 無料相談会実施中”

ファイナンシャルプランナー

非公開: 鶴 数元Kazumoto Tsuru

保険についてお客様の立場で一緒に考えます!!

一覧へ戻る
  • 何でも相談会
  • 出前セミナー