アシストブログ

Assist Blog

リビングニーズ特約とは

2011年12月3日
鶴 数元 ファイナンシャルプランナー

リビングニーズ特約とは、被保険者が余命6ヶ月以内と判断されたとき、契
約している死亡保険金の一部を生前に受け取ることができる特約です。
 残りの人生を有意義に生きること、十分な治療を受けられるよう経済的な問
題を解決することを目的に考えられました。

 リビングニーズ特約により保険金の前払いを受けた場合、契約の死亡保険金
額の範囲内で一般的には3,000万円を上限に(保険会社によって異なりま
す)保険金の前払いを受けることができ、前払いを受けた額に相当する保障額
は消滅します。
 前払いを受ける保険金額は6ヶ月相当分の利息と保険料が差し引かれた金額
となります。

 リビングニーズ特約の特約保険料は無料で、保険会社によっては付加可能な
保険種類に自動的に付加されることもあります。

 リビングニーズ特約により前払いで受け取る保険金は、所得税法上非課税と
なります。
 ただし被保険者が亡くなった時点で、リビングニーズ特約により受け取った
保険金が残っている場合、現金または預金として全額が相続税の課税対象とな
ります。
 死亡保険金として保険金を受け取った場合は相続税法上、生命保険の非課税
枠(500万円×法定相続人の数)を保険金額から差し引いた金額が相続税の
課税対象となります。
 そのためリビングニーズ特約を活用することで死亡保険金として受け取る場
合と比較して税負担が重くなる場合もあります。

 リビングニーズ特約を付加している場合でも、実際に活用するかどうかは受
け取る側の判断次第です。
 活用すべきかどうかよく検討してみましょう。

鶴数元 鶴FP事務所 ファイナンシャルプランナー 飯塚 筑豊 保険見直し 生命保険 損害保険 法人保険 自動車保険 火災保険 相続対策 節税対策 保険クリニック

ファイナンシャルプランナー

非公開: 鶴 数元Kazumoto Tsuru

保険についてお客様の立場で一緒に考えます!!

一覧へ戻る
  • 何でも相談会
  • 出前セミナー