アシストブログ

Assist Blog

㎡(平方メートル)を坪に換算するには

2011年12月16日
西野 幸彦 土地家屋調査士

不動産の登記簿では、現在の土地や建物の面積を表す単位に㎡(平方メートル)が用いられています。その前の旧土地台帳・家屋台帳では坪数で記載されていましたので、○㎡といわれてもピンとこない、むしろ○坪といったほうがわかりやすい方もいらっしゃると思います。

では、㎡を坪に換算する方法は・・・

一般的に1坪は3.3㎡と言われていますので、例えば210㎡を坪数にする場合、210㎡÷3.3=63.6363坪と計算しがちですが、正しくは㎡に「0.3025」を掛けます。210㎡×0.3025=63.525坪が正式な坪数です。

 逆に坪を㎡に置き換えるには、坪数を0.3025で割ると「㎡」が求められます。

なせ「0.3025」なのかというと、明治時代に度量衡を統一するとき、「1メートルの33分の10を1尺とする」と決められ、これを基に計算すると1㎡=0.3025坪になるからです。

最近では、ケータイ電話に電卓機能が付いていますので、その場で正確に計算することができますが、簡単な暗算で坪数に換算する方法があります。それは、㎡を10で割って3倍すると大体の坪数に換算できます。先程の例ですと、210㎡÷10=21  →  21×3=63坪となります。

土地家屋調査士

西野 幸彦Yukihiko Nishino

皆様の大切な不動産を守るお手伝いを致します。

一覧へ戻る
  • 何でも相談会
  • 出前セミナー