アシストブログ

Assist Blog

平成30年度の企業主導型保育事業の募集が始まりました。

2018年6月26日
西田 雄一 行政書士

 企業主導型保育事業とは、企業(単独でも、複数の企業でも可)で働く従業員さんのお子さんを保育することにより、よりよい人材の確保をすることに主眼をおいた制度です。

 また、企業で働く従業員さんのお子さん以外の、地域のお子さんも定員の半数まで受け入れ可能です。

募集に選定されると、最大で設備の3/4及び運営費について助成が受けられます。

 この制度は、設備費の3/4の助成も確かに魅力的ですが、それと同等若しくはそれ以上に運営の助成が魅力的です。運営費の助成金がいくらになるのかは定員数や何歳児を何人とするか、加算をどうするのか等多岐に渡るためケースバイケースですが、「毎月」認可保育所並の助成がされます。一例を挙げると介護事業所等のように処遇改善加算も要件を満たせば加算としてもらう事ができます。

 募集期間は、平成30年6月15日~7月31日までとなっています。

 参考にされてください。

行政書士

西田 雄一Yuuichi Nishida

親切、誠実ををモットーに。あなたの暮らし、お仕事、夢を応援します!

一覧へ戻る
  • 何でも相談会
  • 出前セミナー