アシストブログ

Assist Blog

知っていますか?有料老人ホームにも種類があることを!

2014年8月25日
西田 雄一 行政書士

有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅又は特別養護老人ホーム等高齢者が入居する施設には様々な種類があります。今回は、それぞれ何がどう違うのかをみてみましょう。まず、有料老人ホーですが、有料老人ホームも『健康型 有料老人ホーム』『住宅型 有料老人ホーム』『介護付有料老人ホーム』と3つの類型があります。それぞれに違いがあります。
『健康型 有料老人ホーム』とは、自立している人のみが入居可能です。従って、介護が必要となった場合には、原則的には入居契約を解除し退去することが前提となる施設です。
『住宅型 有料老人ホーム』とは、外部事業者による介護保険サービスを受ける事が出来る施設です。しかし、近隣に外部事業者を置き、次に説明する介護付き有料老人ホームに近いサービスの提供を行う施設もあります。外部事業者とは具体的には、訪問介護事業所や通所介護事業所等の事を指します。
『介護付き有料老人ホーム』とは、内部で包括的に介護サービスを受けることが出来る施設です。具体的には、上記の住宅型有料老人ホーム+特定施設入居者生活介護の施設となります。(特定施設入居者生活介護は更に、一般型と外部サービス利用型に分かれます。)
これだけを見ても多分、分かったような分からないような気持ちになるのではないでしょうか。介護付き有料老人ホームだけでいいのでは?何故、こんなに分ける必要があるの?と思われないでしょうか。これには実は理由があるのです。次号に続く

行政書士

西田 雄一Yuuichi Nishida

親切、誠実ををモットーに。あなたの暮らし、お仕事、夢を応援します!

一覧へ戻る
  • 何でも相談会
  • 出前セミナー