こたけひまわり法律事務所 小山 明輝

「傾聴」と相談の「見える化」に努めています!

1.「傾聴」と相談の「見える化」に努めています。
(1)あなたのお悩み,お聞かせください。
「弁護士」というと「多弁」というイメージが強いかもしれません。
しかし,法律相談はまず,「聴く」ことから始まると考えています。相談者のお話にしっかりと耳を傾け,相談者と共に,問題解決の糸口を見出すよう努めます。
(2)相談内容,お見せします。
難しい法的な専門用語も,できるだけかみ砕いて,具体例を示すなどして分かり易くご説明するよう心掛けるとともに,ご相談内容によっては「相談シート」をご提供させて頂くなど,法律相談の「見える化」に努めます。
(3)弁護士費用,お見せします。
  ご相談をお受けする際,良くお聞きするのが,「弁護士費用って高そう。」「幾らかかるか分からない(ので相談しづらい)。」というものです。
  そこで,事前に相談費用をお伝えすることはもちろん,相談時にご要望があれば,弁護士報酬の「見積書」を発行させて頂いております。

プロフィール

弁護士の小山明輝と申します。

2007年(平成19年)9月に弁護士登録後,飯塚市内の法律事務所にて弁護士業務を行っていました。
2016年(平成29年)1月に独立し,福岡県鞍手郡小竹町で「こたけひまわり法律事務所」(福岡県弁護士会所属)を開業しています。


事務所案内

2016年1月,福岡県鞍手郡小竹町にて「こたけひまわり法律事務所」を開設しました。
 土地の境界や家庭問題など日常生活で起きる法的なトラブルは,年齢や性別,居住地を問わず,だれしも直面し得るものです。
 また,ご高齢の方や交通の便が必ずしも十分でない地域にお住いの方々にとっては,「法律事務所に行く」こと自体,大きなご負担をおかけすることになりかねません。
 そこで,今後は,直鞍地区,ひいて筑豊地域の皆さまに対し,広くリーガルサービスをご提供できるよう力を尽くすとともに,「出張法律相談」など新たなサービスの提供を模索してまいります。
 さらに,アシストのメンバーとして,中小企業・事業者の皆さまが抱える法的な問題にも積極的に取り組んでいます。

取引に関する紛争予防

債権回収など取引上のトラブルだけでなく,「紛争の予防」という視点から,BtoB,BtoC契約の際の契約書の作成・確認等のご依頼もお受けしています。

一旦,契約書を締結してしまうと,後日,御社にとって不利な(リスクの高い)条項が入っていたとしても,契約を解除したり訂正を求めたりすることは非常に困難です。

契約前にぜひ一度,ご相談ください。

主に中小企業・事業者の皆さまへ・その2:事業承継

弁護士として複合的な視点から,時には専門家集団である「旭経営アシスト」のメンバーと連係して,円滑・円満な事業承継のサポートをしています。

事業承継には,5年ないし10年もの期間がかかると言われています。

しかし,後継者の確保が難しいという理由で廃業を考えたり,「日々の業務で精いっぱい」「誰に相談して良いか分からない」などの理由で事業承継を先延ばしにされたり事業者の方も少なくないようです。

心血を注いで続けて来られた会社・事業を存続するためのお手伝いをさせて下さい。

相続:遺言書の作成など

相続については,アシストのメンバーとして,プロジェクト・チームを組んで積極的に取り組んでいます。

特に事業者の方は,一口に「相続」といっても,事業承継や相続税を中心とした税務対策など,検討すべき課題が多岐にわたる場合もございます。

ご自身に万一のことがあったときのため,遺言書の作成など「相続」については,できるだけ早めにご対応されておくことをお勧めします。

主な業務内容

中小企業支援(契約書確認・作成,債権回収,事業承継,創業支援など),家事事件(相続,成年後見,離婚など),交通事故,等。


  • 何でも相談会
  • 出前セミナー