土地家屋調査士 西野 幸彦

Assist Blog
西野 幸彦

登記することができる建物とは

2017年9月27日
西野 幸彦 土地家屋調査士
建造物を登記するためにはいくつかの要件があります。 1.定着性   建物は土地の定着物ですからその土
西野 幸彦

地番と住居表示

2017年3月16日
西野 幸彦 土地家屋調査士
現在、住所の表し方として飯塚市〇〇 1番地 というように土地の番地が住所と同じようになっている地域と
西野 幸彦

登記面積は信用できる?

2014年10月27日
西野 幸彦 土地家屋調査士
一般的には登記された面積を信じてしまいますが、登記された面積と実際の面積が違う場合があります。 その
西野 幸彦

相続と測量

2012年6月23日
西野 幸彦 土地家屋調査士
相続は予期せぬうちに突然やってくることもあります。相続財産のなかで不動産は大きな割合を占めるようでが
西野 幸彦

土地を分筆して相続する場合の注意点

2012年3月20日
西野 幸彦 土地家屋調査士
相続人が複数いて1つの土地を数個に分筆(分割)し、分筆後の土地をそれぞれが相続する場合は、遺産分割協
西野 幸彦

抵当権が設定されている建物の滅失登記

2012年1月23日
西野 幸彦 土地家屋調査士
通常建物を取り壊した場合は、所有者は1ヶ月以内に法務局へ建物滅失登記の申請をしなければなりません。
西野 幸彦

㎡(平方メートル)を坪に換算するには

2011年12月16日
西野 幸彦 土地家屋調査士
不動産の登記簿では、現在の土地や建物の面積を表す単位に㎡(平方メートル)が用いられています。その前の
西野 幸彦

ご挨拶

2009年9月8日
西野 幸彦 土地家屋調査士
はじめまして土地家屋調査士の西野幸彦です。 当事務所では皆様の大切な財産であります、土地・建物の調査
無料相談 何でもお気軽相談会