アシストブログ

Assist Blog

把握していますか更新型保険は将来保険料があがることを!!

2009年11月24日
鶴 数元 ファイナンシャルプランナー

皆さんのお手元に定期付終身保険(L型保険)の証券があれば是非確認してください。将来保険料がアップしますので、事前の準備をお勧めいたします。

そもそも大きな保障を割安の保険料で準備する為に終身部分(積立部分)などに定期部分(掛捨部分)を付加した内容のものですが、保険契約時に1年・5年・10年などと年数で区切る更新型の保険は一定期間を過ぎると定期部分(掛捨部分)の保険料があがります。いわゆる更新型の保険です。どれくらいあがるかというと商品の種類、更新時期の年齢にもよりますが目安として約1.5倍~2倍超です。

 

 

 

 

更新型保険

メリット

デメリット

     必要な期間だけ契約できる

     保険料が安い

     健康状態に関係なく更新できる。

     更新時期に内容の見直しができる

             など

     更新時に年齢・保険料率によって保険料が再計算され保険料があがる。

     基本的に全額掛け捨てである

     保障期間が長くなればなるほど累計保険料は割高になる

            など

 

上記の内容をしっかり把握し、ぜひ更新時期に保険の見直しを行ってください。特に50歳を過ぎた方は加入時には必要だったお子様の学資資金など、家族に対しての死亡保障など一般的には減額して良いはずです。今や人生60年と言われて時代から、人生80年の時代に変わってきました。医療や老後の生活準備(財産作り)重視の保険に切り換えられてはいかがですか?

ファイナンシャルプランナー

非公開: 鶴 数元Kazumoto Tsuru

保険についてお客様の立場で一緒に考えます!!

一覧へ戻る
  • 何でも相談会
  • 出前セミナー