アシストブログ

Assist Blog

医療保険への加入を諦めている方必見!!緩和型医療保険の選び方

2014年3月10日
鶴 数元 ファイナンシャルプランナー

緩和型医療保険とは

「過去に契約を断られたことがある」

「過去に大病をしている」

「病院に現在通っている」

などの理由で、医療保険への加入を諦めている人が申込みすることができる医療保険

です。既往症がある方の多くは少し前までは医師の診査や告知を必要としない「無選択

型」といわれる保険を選ぶしかありませんでした。「無選択型」は一般的には誰でも加

入できますが、保険料が高く、契約を続けるには契約者にとって負担が大きい保険でし

た。それに比べ「緩和型」は「無選択型」より保険料は安く設定されていて、告知(健

康状態)項目が少ないのが最大の特徴です。

     告知・・・現在、過去の健康状態を書面で保険会社に申告することです。

 

加入の審査基準を緩やかな順に並べると・・・

①無選択型 ②緩和型 ③一般型(通常の医療保険)となります。

 

保険料を安い順に並べると・・・

 ①一般型(通常の医療保険) ②緩和型 ③無選択型

 

一般的なメリットは・・・

通常の医療保険より告知事項が少ない
無選択型保険より手厚い保障がある

 ③持病がある、過去に入院・手術したことがあるが告知で加入できる

 ④先進医療保障、ガン診断一時金、死亡保障などを特約付帯で保障することができる

 

一般的なデメリットは・・・

加入から一定期間、入院給付金や手術給付金が受け取れない場合がある。
または、減額になる場合がある。

通常の保険よりも割高である。

③一般型の医療保険と比べると特約が少ない

 

発売当初は販売している保険会社も限られており、一般型の医療保険に比べると保険料は割高でしたが、各社が発売を始めてからは保険料も発売当初に比べると安くなってきました。又各社それぞれ商品内容や特約に特徴がありますので、比較検討することをお勧めいたします。医療保険への加入をあきらめていた方はぜひ検討されてみてはいかがでしょうか!!

ファイナンシャルプランナー

非公開: 鶴 数元Kazumoto Tsuru

保険についてお客様の立場で一緒に考えます!!

一覧へ戻る
  • 何でも相談会
  • 出前セミナー