専門家がお答えします

professional faq

不動産鑑定評価書はどのような場合に役立つのでしょうか?

不動産鑑定士

大武 克己

不動産は、所有者にとって大切な財産です。また、不動産は、同じように見えても形状や、大きさなどが、1つ1つ異なり2つとして同じものがありません。相続税の路線価などで相場価格は把握できますが、不動産の個性を反映していませんので不十分です。

そのため、不動産の適正な価格を求めるためには不動産鑑定士による鑑定評価が最も信頼できると思います。

それは、公的な証明能力を持ち合わせていますので、売買の参考や裁判所での訴訟時の証明、相続・贈与等に関する税務署への届出、その他第三者機関としての客観性ある適正価格を証明する場合にお役に立てると思います。

一覧へ戻る
  • 何でも相談会
  • 出前セミナー